2011年08月18日

セリーヌ・ディオン(ビコーズ・ユー・ラヴド・ミー)

セリーヌ・ディオン


カナダのシンガーソングライターである。

1990年代に英語圏でキャリアを始める以前、1980年代前半にフランス語圏のシンガーとして活動を開始した。

カナダのケベック州モントリオール郊外のシャルルマーニュの大家族に14人兄弟の末っ子として生まれる。

幼少より類まれな才能を発揮し、12歳で現在の夫であり、音楽マネージャーのレネ・アンジェリルと出会う。

アンジェリルは彼女の才能と歌声に惚れ込み、自宅を担保としてデビューアルバムの発売資金を調達する。

シングル&アルバム総売り上げは2億枚を超えており、ローリング・ストーンズやピンク・フロイドといった大物アーティストと肩を並べるほどの実績を持っている。


ビコーズ・ユー・ラヴド・ミー


1996年アルバム「フォーリング・イントゥ・ユー」からのシングル大ヒット曲

カナダ、アメリカでNo.1獲得

映画『アンカーウーマン』の主題歌としてダイアン・ウォーレンによって書き下ろされ、デイヴィッド・フォスターによってプロデュースされた。

1996年のグラミー賞最優秀レコード賞、最優秀楽曲賞、最優秀女性歌手賞とアカデミー賞歌曲賞(ディオンはセレモニーでこの曲を披露した)にノミネートされグラミー賞 最優秀映画テレビ視聴覚主題歌賞を受賞(賞自体はダイアン・ウォーレンへ贈られる)した。

以上Wikipediaより抜粋



FALLING INTO YOU




posted by kadoyan at 00:00| セリーヌ・ディオン

2016年03月05日

セリーヌ・ディオン(マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン)

マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン


1997年の超大作映画『タイタニック』の主題歌。アカデミー歌曲賞を受賞した。

セリーヌ・ディオンの最もヒットした曲となり、また歴史上最も売り上げたシングルの一つでもある。

ユナイティッド・ワールド・チャートで世界中でチャートトップに達した他、アメリカのビルボード・ホット100で初登場2週間連続1位を記録したにもかかわらず、ビルボード・ホット100エアプレイでも10週間連続1位を記録した。

また、ホット100シングル・セールス部門でも2週間連続1位であった。また68万7000枚の限定版がリリースされるも数週間で完売。アメリカではゴールドに認定された。

ドイツでは、「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」は、200万枚以上を売り上げ、4xプラチナに認定された。

また、イギリス(1,312,551枚)とフランス(1,197,000枚)では100万枚以上を売り、それぞれ2xダイヤモンドとプラチナに認定された。その他の認定は、3xプラチナ:ベルギー(150,000枚)、2xプラチナ:オーストラリア(140,000枚)、オランダ(150,000枚)、ノルウェー(40,000枚)、スイス(100,000枚)、プラチナ:ギリシア(40,000枚)、ゴールド:オーストリア(25,000枚)。

日本では「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」は2度リリースされた。

1998年1月の通常版は20万5300枚を売り上げ、2xプラチナ(20万枚以上)に認定、1998年6月のリミックス版は11万1920枚を売り上げた。

それぞれシングルとマキシシングルで発売したためリミックス版はアルバム扱いになり、通常版とは別にゴールド(10万枚)に認定された。

以上wikipediaより抜粋




レッツ・トーク・アバウト・ラヴ
posted by kadoyan at 13:18| セリーヌ・ディオン